ユニクロ ×Tomas Maier(トーマス・マイヤー)2018 春夏(SS)



今更ですが、トーマス・マイヤーの2018年春夏物(SS)を見てきたので感想を書こうと思います。ちなみにチェックしに行ったのは発売当日です。

発売日に店内に行ってもマイヤーのコラボといった雰囲気は皆無でした。それと行った店舗は全アイテムを取り扱う「フルラインナップ店」でしたが、お目当てのアイテムが見つからなかったので店内のスタッフに聞いた所「今回うちはフルラインナップでないので一部商品が入ってきてないんです・・・」と言われて凄いびっくりしました。

「え~この規模の店で全商品扱われないってことは相当アイテム絞ってるのかな~」と思いました。

総評

一言で言えば「なぜこの時期?」

トップス

◆スーピマコットンTシャツ(半袖)

全店舗展開の商品です。購入しやすいですね。

既にUが1500円でスーピマコットンTを出しています。ですから値段も同じだし生地も含めて「同じもんかな?」と思ってチェックしました。

Uとの違いはまず胸ポケットが追加されています。それと首元にガゼットがあります。この2つがデザイン的には大きな特徴ですね。

生地の感じはインラインの1000円スーピマとそれほど変わりません。わざわざTシャツ売り場にまで商品を持って行き両方を同時に触って比較したので間違いないです。

一番私が驚いたのは試着したときのシルエットでした。腕周りがかなり細く、タイトに作られていました。身丈も通常のスーピマTと比べてサイズ表で1cm長く作られていますが、試着してみた感じでは1cm以上縦に長いイメージを持ちました。

シルエットはとてもいいと思います。UのスーピマTの生地とデザインでこちらのシルエットなら良かったのにな~と思ったぐらいです。(Uはかなりゆったりめのビックシルエットです)

◆スーピマコットンプリントTシャツ(半袖)+E

若干デザインが違うけど大体同じTシャツ。特徴はプリント柄を気にいるかどうかだと思います。

◆エアリズムポロシャツ(半袖)

エアリズムのポロシャツってどんなもなのか素材が凄い気になる商品でした。

アンダーソンから「ドライEXポロシャツ」というドライ素材のポロシャツも出ているので、エアリズムとドライの区別がつかない・・・という感じになるかと思ったのですが、触った感じ乾きやすそうな素材感のものでした。

汗でびっしょりするのが嫌いって人には向いているかと思います。この商品はデザインとかシルエットより素材を重視する人が購入対象でしょうね。一定層の需要はありそうです。私は綿100%の方が肌触り的に好きですね。まあ、乾きにくいですけど・・・・

仕事でポロシャツとか着用して汗でベタベタするのが嫌って人とか凄い需要があるというか神アイテムなんじゃないかと思います。

◆エアリズムフルオープンポロ(半袖)

去年、Theoryが同じ様なオープンポロを出していたので(そしてとても印象的だったので)ユニクロファンからしたら「去年と同じやつだろ」と思う方も多いと思います。欲しい方はいいんじゃないですかね。

◆カシミヤクルーネックセーター(長袖)+E

普段行くフルラインナップ店で扱われてなかったのでわざわざ隣町の旗艦店に行って見てきました。

通常のカシミヤと比べてみてどうなのか書いてみます。まず、薄いです。カシミヤセーターという真冬のど真ん中の商品をなぜ6月に?と思う人も多いと思いますが、おそらくこのカシミヤのセーターは「涼しい避暑地なんかで肌寒い夜に使われるんじゃないのかな?」と思いました。

日本で言えば軽井沢とか山梨の富士の山麓とかそういった場所でしょうかね。部屋に冷房がついてないような避暑地です。夜20度以下に冷えるような場所でしょうか・・・・世界的に見たら日本以外の土地では朝夕の寒暖差がある暑い地域では使ったりするんでないでしょうかね。ちょっとわかりませんね。

そういった夜にかなり冷えるという場所で使うので薄めの作りになっているんだと思います。決してカシミヤをケチりたかったとは思いたくないですね。

インラインのカシミヤセーターと違って薄いカシミヤが更に薄いので「今のうちに冬用に買っておこう」というのはオススメしないですね。

一言だけ「いや、この時期に販売するのはどうかしてるよ」

◆フライトジャケット+E

今回のコラボの一番の目玉商品でしょうね。見た感じカッコイです。

去年の春夏にUで似たような質感の「ワークジャケット」が扱われていたのを思い出します。ワークジャケは値下げした際にかなりの人気になりました。もし、こちらの商品をワークジャケの代わりに売っていたら大人気でプロパーで売り切れたんじゃないかと思います。

見た感じ相当カッコいいアイテムです。首元のデザインも特徴的でいいですね。生地の質感もよく安っぽさがありません。ボタンがちょっと気になるかな。ボタンが良ければもっと良い雰囲気になるかと思います。

ユニクロのコラボ商品は最近「ボタンが安っぽい」と言われることが多いですが、コスト的に難しいんだろうと思います。

凄い格好良いアイテムですが、これからの時期は着ないでしょう。購入した多くの人が「秋が来たら着ようかな」とわくわくしながらタンスにしまっているはずです。じゃあ普通に秋口に販売すれば良くないですか?

◆コットンジップアップブルゾン

薄手のブルゾンで別に似たような商品をインラインでも買えるんじゃないかな?と思いました。可もなく不可もない商品だと思います。

◆エアリズムスタンドジャケット

全店舗販売のアイテムだと思いますが、胸の部分と裾の部分のナイロン?で出来ている部分が色違いになっているんですが、それが自分的にはかなり微妙だな~と思った商品です。

パンツ

水着が売っているのでリゾートブランドなんだな~という感じです。

◆イージーチノショートパンツ

自分は短パンは履かないのでパスです。

◆コットンイージーパンツ

春先のUのパンツと比較してしまうと値段的に1990円の方が適正価格かな?って思いました。これは実物をみないと説明が難しい質感ですね。薄くてシワができやすい素材です。

◆スイムイージーショートパンツ+

水着ですが、水着まで別にユニクロで買わなくても・・・・・

迷彩柄もありますが、微妙です。

グッズ

◆ビーチサンダル+E

靴(とバッグ)は耐久性が重要になるのでちゃんとした靴メーカーで買ったほうがいいですよ。近所のコンビニに歩いて行く程度ならいいですけど。あとはビーチで使えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です